脳ドックでどんな検査をするの?

脳ドック

人間ドックだけではなく、脳ドックの事がとても気になる、そう考える方は今とても増えているというのが現実です。なぜその様に、脳ドックが気になる方が増えているのかという事ですが、それは近年、脳腫瘍や脳の疾患などで、倒れるという方が増えている現代の状況が背景となっている場合がほとんどです。しかし、脳ドックをまだ受けた事が無い方にとって、脳ドックという検査は、とても不安で怖いもの。一体、脳ドックではどういった検査がどのような形で行われるのでしょうか。

脳ドックがどういった検査を行うのか、という事なのですが、まずは検査の前に問診があります。この問診の際に、あなたが身に付けている貴金属のアクセサリーは全て外すという事になるのが一般的となっています。その後実際に検査に入っていくのですが、その内容はまず尿検査や身体測定となります。この辺は人間ドックとほとんど変わらないと言えますね。その後、血圧測定や血液検査、そして眼底検査と続きます。

そしてそのあとには心電図を取るという流れが一般的となります。この心電図では、脳梗塞や脳卒中などの原因となっている不整脈などが発覚する場合があいます。しかしここまでは脳ドック特有の検査とは言えないのですが、ここから徐々に脳ドック特有の検査が行われる事になってきます。その最初の検査が、頸動脈超音波検査で、別名エコー検査と呼ばれる事もあります。この頸動脈超音波検査によって、動脈硬化などの可能性を調べる事が出来るのですが、その方法として、左右の首の頸動脈に超音波をあてるという形を取ります。

そしてこちらも脳ドック特有の検査となりますが、MR検査が行われます。このMR検査はテレビでもおなじみの検査となりますからあなたもご存知かと思いますが、とても小さいトンネルの様な穴に、あおむけで入っていくあの検査です。これにより、頭部の断層を確認する事ができ、その後の総合診断の材料として使用される事になります。