一泊ドックで基本的にどんな検査を行ってくれるのか?

人間ドックのプラン

人間ドックには、大きく分けて二つの種類があるという事は、意外に知られていないかもしれません。なぜ二つあるのか、という事ですが、より詳しく自分の健康状態をチェックしたいと言う場合にあは、一泊の宿泊を行い、二日に掛けて人間ドックを行うというプランが用意されているのです。これまで、会社員などで会社の人間ドックしか受けた事が無かったとしたら、そういった事実を知らなくても当然の事です。しかしそうして毎年人間ドックを受けられていない場合、久しぶりの人間ドックならより詳しくチェックをしておきたいというのは良い事です。この一泊ドックの場合の、健康診断の検査について解説します。

一泊ドックの場合、ゆったりと検診を行う事になりますが、まずは問診と呼ばれる診察をお医者さんに行って頂くところから始まります。それが終わると基本的な計測です。身長や体重を測ったり、BMIと呼ばれる肥満指数をチェックされます。その他にも体脂肪率や腹囲、そして血圧などを測る事になっています。

そうした基本的な計測が完了すると、次に行われるのがX線の検査です。その他にも、肺機能の検査や聴力の件さ、目の検査なども行われる事になります。目の検査の場合、一言で言っても視力だけではなく、眼圧の検査も行われますし、また眼底検査も行われます。それ以外には、ご存知心電図による心拍数の確認も行われる事になります。この心電図の検査は、安静時の状態だけではなく、負荷時の検査も行われる事になっています。

そしてとても重要な血液検査も行われる事になります。事実、血液検査によって、重大な疾患が見つかったというケースはとても多いので、人間ドックの中でもかなり重要な検査だと言えるでしょう。ですから、ここは非常に細分化された検査が行われる事になります。それ以外には、便の検査も行われる事になります。尿検査に関しても、赤血球や白血球の状態を知るのに大切な事となっています。